ページTOPへ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国循サザン事件―0.1%の真実―

国循官製談合事件の容疑者として起訴された桑田成規さんを支援します

経緯説明⑩~起訴

国循官製談合事件 当事者桑田成規さん自著

前回につづき,「国循サザン事件」の経緯説明です。

前回のブログはこちら↓

経緯説明⑨~検察のもくろみと逮捕・勾留・「人質司法」

起訴

最終的に,検察は,次の3つの公訴事実(概略)をもって私とダンテック社長の高橋氏を起訴しました。私に対する罪状は,官製談合防止法違反などです。

なお,繰り返しになりますが,贈収賄での立件はありませんでした

  •  2012年度の一般競争入札(以下,入札①といいます)において,NECが競争参加資格審査のために提出していた運用支援業務従事者数等が記載された書面を,電子メールにてダンテック高橋氏に送信し,NECの体制を教えた。
  • 2013年度の一般競争入札(以下,入札②といいます)において,ダンテックのみを仕様書案の作成に関与させるとともに,ダンテック以外の業者の参入が困難となるような条件を盛り込んだ仕様書を作成し,その事情を隠して入札に供した。

  • 2013年度の公募型企画競争入札(以下,入札③といいます)において,受注する意思のない企業NDDを競争に参加させたうえ,ダンテックより高値で応札させるとともに,ダンテックが作成提出すべき企画提案書について助言指導を行った。

これらは「公訴事実」と呼ばれますが,いずれも事実ではありません。(次回につづく)

 

bgk.southerncase.net

 

 

bgk.southerncase.net