ページTOPへ

国循サザン事件―0.1%の真実―

国循官製談合事件の容疑者として起訴された桑田成規さんを支援します

《ソサイエティサイエンスジャーナル》(インターネットラジオ『レディオ与一』)に出演しました(3)

岡山県井原市発のインターネットラジオ局『レディオ与一』の《ソサイエティサイエンスジャーナル第548回》に出演いたしました。番組の許可を得て、番組内容の文字起こしを本ブログに公開いたします。(全4回のうち第3回目)

radio-yoichi.com

 

 

吉岡優一郎(レディオ与一):僕は一回交通事故を起こしたことがあって、調書を取られて、拇印を押しちゃったことがあるんです。僕にも当然、言い分がある。飛び出してきた奴をはねちゃったという。

できあがった調書を朗読されて、僕の言い分ないじゃん、って違和感だらけなんだけど、うまく言いくるめられて、結局、拇印を押しちゃったんです。

言った通りのことが書かれてないって、経験してるんですね。

いかに検察が、自分たちの主張に、裏付ける方向ばかりを強調しているだろうな、と容易に想像がつく気がする。

それに対して、無関係な被疑者の人が、どうやって、あらがっていけばいいのか。

正直怖い点だなと思うんです。

 

桑田成規(国循官製談合事件被告人):ご指摘はそのとおりです。でも、それをご存じない方も多い。

調書のこわさ、です。

その意識をまず持つことが大切です。

簡単にいえば調書にサインしないということが大事ですが、実はそれがとても難しい。

サインしないと、帰してくれないとか、あるみたいですしね。

こちらとしては、できるだけ、調書を作らせないことが重要なんです。

どうしても、というときは、一旦もちかえって、弁護人と相談して。

調書そのものを持ち帰るわけにはいかないので、私は、こっそり録音していました。わざと声を出して調書を読んだりしました。弁護人に聞いてもらって、あるいは、自分で書き起こして、チェックしていました。そうして、自己防衛するしかないですね。

本当は、(調書を)作らせないことですね。調書には、自分にいいことは一つも書かれてないですから。

 

吉岡:飛び出してきたから、はねちゃったんだけど、僕が、そこで不注意で、暴走はじめて、みたいな。

事故の調書ですらそうなんだから、ましてや被疑者に接していくって、なんらかのシナリオができあがっているわけで、それに沿ったものに、どうしてもなっていくって、そうなんだろうな、と思う。

 

桑田:おもしろいのは、取り調べを受けていて、検事と対峙していて、検事が、私が話すことをメモに取って行くんですね。熱心にメモを取るとき、と、まったく取らないときがある。

何が違うかというと、事件の核心に触れ、かつ、私に不利な話は、ものすごく熱心に細かくメモを取っている。

私の無罪に関係するような話のときは、ピタっと手が止まる。

見ていて、おもしろいですね、ピタっと手が止まる。

いくら一生懸命話しても、まったくメモをとってくれないんです。「ところで別の件だけど」と話題を変えてくる。

聞いたことに対して、思うような答えだと、「そうだろう、そうだろう」と言う。

三者として、調書を取られる場合、おそらく、言わせたいことははっきりしていて、
その質問だけをする。答えれば「そうでしょう、そうでしょう」

そうすると、結局うまいことつまみ食いした調書ができあがる。第三者だから公平なことをいうかというと、第三者だからこそ、無責任にいろんなこと言っちゃう。

一つの事象にいろんな解釈が成り立つ。

記憶があいまいになってくる。あのときこうだったかもしれない。

尾ひれがついて話が出てくる。

何を選んで話すかは、かなり恣意的な部分が入って来る。

それによって被疑者がどんな不利益を被るかは、第三者には関係ないですからね。


吉岡:調書ってもの自体が、どの程度の信頼度になるんだと思うんだけど、裁判になれば大きな意味を持ってくる。

 

桑田:もちろん証拠に採用されればですけれど、調書は、大きな意味を持つ、信頼性の高い証拠となりますね。

 

吉岡:自白のみは証拠としない、というのが刑事裁判の原則だったはずですけどね。
無理やり持っていった自白に、かなり偏重してとらえられている。

 

桑田:殺人事件とか強盗事件とかの重大事件に関しては、自白調書を取られて後でひるがえす。冤罪でよくあるパターンですけれど、一旦調書にサインしたんだろう、ということで、なかなかひるがえしても認められない。

それほど重たいものだということですね。

 

吉岡:第一審が結審した。どうですか。

 

桑田:ホッとしましたね。

裁判進行中は、(法廷で)いろいろ発言の機会があるので、あんなことも言えるんじゃないか、とか、過去の証人に対して、ふと思い出して、そういえば、これに対してちゃんと反論していたかな、と、ものすごく心配になったりして。
いまは終わってしまって、もうどうしようもない、と諦めがつきました。
あとは判決を待とうと、かなり落ち着いてられる状態です。

 

吉岡:もう少しで結論が出ます。判決に予想はありますか?

 

桑田:吉岡さんがご覧になったような裁判の状況ですから、これは明らかに検察の主張は崩れている、と私個人は、思っているんです。

無罪、と思っています。

でも、そこが日本の刑事司法、というか、司法制度の闇のあるところなんです。

この前も、岐阜県美濃加茂市長の事件、一審無罪、高裁有罪。それがかなり問題があると言われながら、最高裁は、それを追認して有罪が確定してしまった。

あんな事件でも有罪になってしまう。あんな事件っていうのは、明々白々に無罪だと思われる事件でも、有罪になる。

だったら、何があってもおかしくない。

 

吉岡:裁判所と検察と人事交流があるから、弁護士よりも、裁判官は、検察に近いと言われる。

そうでなくても、日本の司法というのは、有罪率が、他国に比べて、異常に高いなんてことも言われている。

どういうことがあれば、検察の主張をくつがえして被告人は、無罪になるのかな。
そんなことを考えざるを得ない。

統計的には、そういう印象を持たざるを得ない。

 

桑田:いろんな方から話を聞くと、「最後は、運だ」ってことなんです。

「無罪を書ける裁判官にあたるかだ」っていうんです。

一生のうちにひとつも無罪を書かない裁判官もいる。そちらの方が多いらしいんです。

無罪を書く勇気って相当必要なんだそうです。ほんとかどうか知りませんが、無罪を書くと出世に響くと、まことしやかに言われている。

無罪であれば無罪、と書いてくれる裁判官に当たるかどうか。

その時点でオカシイですよね。

あとは弁護人の力です。

それと、被告人がどれだけ、きちんと自分の状況を弁護人に伝えられるか。

(弁護人は被告人の)代理人なので、包み隠さず、いろんなことを伝えて、一番いい戦略を立てる。

そのへんの複合要因です。

でも最後「言ってみれば運ですかね」というのが哀しい現実だと思います。

 

吉岡:桑田さんの裁判官は、無罪を書ける方だと思いますか?

 

桑田:思いますね。

無罪「も」書いたことがある人。

可能性はゼロではないなという人です。

被告人というのは、やはり、非常に弱い立場です。

あれだけ検察がボロボロであって、立証できていなくても、裁判官が代わりに立証するとか、ほんとうに検察に寄りかかっている裁判官もいる。

少なくともそんなひどい人ではないと思います。

西野さんという方なんですが。

最初のうちは、厳しい人かな、と思っていたんです。

こっちの言うことなんか聞いてくれないんじゃないか、と思っていたんです。

裁判が進むにつれて、事件の全貌がわかってきたんだと思いますが、きちんと話をきいてくれる態度が見えてきた気がします。

そういったことを総合的に考えると、きちんと無罪を書いてくれる可能性のある裁判官かな、と思います。

(第4回目につづく)

 

第1回はこちら 

第2回はこちら 

 

 動画でご覧になる方はこちらから


ソサエティサイエンスジャーナル第548回 ゲスト出演