ページTOPへ

国循サザン事件―0.1%の真実―

国循官製談合事件の容疑者として起訴された桑田成規さんを支援します

LINEスタンプ「国盾の桑田さん」発売されました!

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年3月16日の判決を前に、連日国循官製談合事件、通称 国循サザン事件について解説ブログや動画の配信をさせていただいておりますが、今回はちょっと変わった趣向で認知度アップ!を考えました。

それは・・・

LINEスタンプ!

何やってんの・・という声が聞こえてきそうですが、これだって「事件のことをもっと知ってほしい、関心を持ってほしい」という真剣な気持ちの現れなのです。

  • LINEスタンプ作成の背景
  • LINEの審査でも壁が・・・
  • LINEスタンプのイラストは8種類
  • あえての「国盾さんの桑田さん」

LINEスタンプ作成の背景

今回の事件は「国循官製談合事件」という難しい内容。何度もブログや動画で桑田さんや詳しい関係者の方からもご説明いただいておりますが、それでも難しい。

「入札」という、あまり日常生活では関わることのないものに加え、大阪地検特捜部が先走って描いたストーリーと、繰り返される訴因変更によって

要するに何が問題だったのか?

という状態。

しかも2016年4月の初公判以来、34回にも及んだ公判の中で検察が描いたストーリーは完全に崩壊してしまい、追い詰められた検察は、本来ならまったく事件にならない些細なことを針小棒大にあげつらって事件を組み立てているため、事件の内容が余計にわかりづらくなっています。

しかし、わかりづらいからと言って関心を持っていただけないということは、検察や裁判所にとっては好都合。なんでもありの状態にさせてしまう危険性があります。

ですから、少しでも関心をもっていただきたい、知っていただきたいとあれこれ発信を続けさせていただいている支援の会。

今回のLINEスタンプは、難しいことは関心持てないけど

応援するよ〜〜〜!!

という方が一人でも増えることを願って作成することになりました。

スタンプ発売のきっかけをくださったのは、先日ソサエティサイエンスジャーナルでお世話になりました、レディオ与一主宰吉岡優一郎さん。

吉岡さんの「LINEスタンプ発売になりました!」の投稿を拝見し、LINEスタンプは個人でも販売できるの?と問い合わせのが始まりです。

↑吉岡さんのLINEスタンプ

以前はイラストは20枚以上、審査は忘れたころに結果がくる・・という状態でしたが、今はイラスト8枚、審査は早ければ1ヶ月で販売まで進むという手軽さになっていることをお聞きして

よし!判決までに作って関心を持ってもらおう!

と、支援する会が半ば強引に進めた企画です。

イラスト作成からLINEへの登録、審査のやりとりから販売まで、一括して吉岡さんからご紹介いただいた女性にお願いしました。

よしやるぞ!と決めて約1ヶ月半。やっと販売の運びとなりました。

LINEの審査でも壁が・・・

イラスト作成はスムーズに進みました。

どうしても3月の判決までに公開したい、と無理をお願いしたのですが、お忙しい中写真1枚から起こしてくださいました。

そしてすぐに審査へ。

しばらくすると

LINEからリジェクト(却下)されてしまいました

というご連絡。

その時の画像がこちら

f:id:southerncase:20180310212956j:plain

あ〜〜〜裁判所ってダメなんだ・・・ということでプレートを変更して再度挑戦。

またしてもLINEからリジェクト(却下)されてしまいました

え〜〜〜〜〜〜〜〜なんで?と愕然とした時の画像がこちら

f:id:southerncase:20180310213015p:plain

今度は「国循」という特定の団体名というか名称が引っかかった模様。

そんなことを約1ヶ月くらい繰り返し、やっとのことで通過したのがこちらの画像。

f:id:southerncase:20180310213042p:plain

う〜〜〜ん、この辺にも何か圧力を感じてしまうのは、ちょっと神経質になっているせいでしょうか?

別にいいじゃん!と思いつつも、特定できるものを名指しするのはやっぱりやりすぎかな?と反省もしてみたり。

一つのチャレンジで一つ学ばせていただくという、支援者Nにとっては大変ありがたい人生勉強の場にもなっております。

LINEスタンプで最後の応援をお願いいたします!

いよいよ判決まで1週間を切りました。

2017年12月に結審をしてからは、判決を待つのみですが、できる限り

正しくしっていただきたい

ということを心がけ、様々な手段で発信して参りました。

桑田さんの冤罪を訴えていく中で、多くの方とご縁をいただき、みなさまの熱い気持ちや熱心な活動に触れさせていただくたびに、

私たち支援する会はこれで良いのだとろうか?

もっともっと、できることがあるのではないのか?

勉強不足、発信不足なのではないか? 

と悩んだりもしました。

とはいえ、まずは前を向き、桑田さんの冤罪を晴らすべく最後までやりきることが大切だと思っています。

いつもブログを読んでくださっているみなさま、TwitterFacebookでシェアしてくださるみなさま、傍聴やミニセミナーに参加してくださる皆様、そしていつも気にかけてくださる皆様。

皆様のお力を借りて、3月16日までラストスパートです!

LINEスタンプもポチッとしていただけると、桑田さんも私たちもとても励みになります。

LINEスタンプのイラストは8種類

今回のスタンプは8種類のイラストです。

できるだけ、ちょっとしたLINEのやり取りで使えるものにしました。

桑田さんの愛らしいキャラ(本人には怒られそう・・)で、桑田さんや事件を知らない人でも抵抗ないかな〜と思うのですが、いかがでしょう?

桑田さんの口癖&支援する会メンバーが桑田さんのいつもの行動からイメージするものをアレンジしました。

f:id:southerncase:20180310215206p:plain

中でも

f:id:southerncase:20180310215322p:plain

これは、桑田さんの昼間のおやつの定番、炭酸水&ナッツ!

空腹時には、いつもこの組み合わせです(笑)

そしてこちら。

f:id:southerncase:20180310215433p:plain

持病のため糖質制限中の桑田さんが愛して止まないシュークリーム!

こっそり食べてる・・の図です(爆)

そのほか、

f:id:southerncase:20180310215628p:plain

こちらはご覧になった方も多いのではないでしょうか???

あえての「国盾さんの桑田さん」

まぁ・・・判決間近になって何をやっているんだ!と、お叱りも飛んできそうですが、何はともあれ、刑事事件は

認知度アップ

が大切なのです。

もちろん、同じ大阪地検特捜部の事件でも森友関連や、官製談合で言えばリニア入札など否応無しに注目されているものもあります。

しかし、それはごく一部。ニュースになってもほとんど目に止まらないことの方が多いでのす。

では目に止まらないからといって、小さな事件なのか?というと、そうではありません。

そこに投入される税金も、そして被告人となった人が奪われる時間もお金も仕事も、そしてこれまで築いてきた人間関係さえも奪われることに変わりありません。

今回スタンプタイトルは、あえての

国盾の桑田さん

あら?国循なら盾じゃなくて循じゃないの??と思われますよね。

しかし、国循の・・というのは特定の団体などをさすためサジェストされやすいのです。

&税金が投入されている準行政機関の国循を辞めざるを得なかった桑田さんですから、あえて行にんべんとってみました!

とまぁ、こんな経緯はあるのですが、皆様にはどんなことからでも構いません。

どうぞ関心を持っていただいて、シェアやいいね!をお願いいたします。

 ※Twitterはこちら

国循官製談合事件の冤罪被害者を支援する会 (@southerncase) | Twitter

Facebookページはこちら

国循サザン事件ー0.1%の真実

続きを読む

《国循官製談合事件》国循“サザン”事件の真相~当事者が語るミニセミナー~2018.3.3@大阪 動画その③

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年2月22日(金)東京、3月3日(土)大阪で「国循サザン事件当事者が真実を語るミニセミナー」を開催いたしました。

f:id:southerncase:20180309122315j:plain

これまで桑田さん八田さんの直後の感想、当日の様子 、お二人の終了後の対談と公開してまいりましたが、本日からは3月3日の大阪セミナーの全内容をお伝えしていきます。

司会は両セミナーを通して、2016年の初公判前からご支援くださっている八田隆さん、大阪セミナーではコメンテーターに桑田さん弁護人の我妻路人先生が参加してくださいました。


3月16日(金)の判決を前に、事件の全容とこれまでの公判を振り返りながら、八田さんからの疑問、我妻先生の法的観点からの解説を交えた本編は、5回に分けて公開していますが、今回はその3になります。


国循サザン事件・ミニセミナー@大阪Vol3

字幕をONにしてお聞きいただくとわかりやすいと思います。テキストでご覧になりたい方は、下記にテキストがございますのでそちらからご確認下さい。

続きを読む

《国循官製談合事件》国循“サザン”事件の真相~当事者が語るミニセミナー~2018.3.3@大阪 動画その②

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年2月22日(金)東京、3月3日(土)大阪で「国循サザン事件当事者が真実を語るミニセミナー」を開催いたしました。

f:id:southerncase:20180309121928j:plain

これまで桑田さん八田さんの直後の感想、当日の様子 、お二人の終了後の対談と公開してまいりましたが、本日からは3月3日の大阪セミナーの全内容をお伝えしていきます。

司会は両セミナーを通して、2016年の初公判前からご支援くださっている八田隆さん、大阪セミナーではコメンテーターに桑田さん弁護人の我妻路人先生が参加してくださいました。


3月16日(金)の判決を前に、事件の全容とこれまでの公判を振り返りながら、八田さんからの疑問、我妻先生の法的観点からの解説を交えた本編は、5回に分けて公開いたします。


国循ミニセミナー@大阪Vol2

今回はその2です。字幕をONにしてお聞きいただくとわかりやすいと思います。テキストでご覧になりたい方は、下記にテキストがございますのでそちらからご確認下さい。

続きを読む

《国循官製談合事件》国循“サザン”事件の真相~当事者が語るミニセミナー~2018.3.3@大阪 動画その①

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年2月22日(金)東京、3月3日(土)大阪で「国循サザン事件当事者が真実を語るミニセミナー」を開催いたしました。

f:id:southerncase:20180309083827j:plain

これまで桑田さん八田さんの直後の感想、当日の様子 、お二人の終了後の対談と公開してまいりましたが、本日からは3月3日の大阪セミナーの全内容をお伝えしていきます。

司会は両セミナーを通して、2016年の初公判前からご支援くださっている八田隆さん、大阪セミナーではコメンテーターに桑田さん弁護人の我妻路人先生が参加してくださいました。


3月16日(金)の判決を前に、事件の全容とこれまでの公判を振り返りながら、八田さんからの疑問、我妻先生の法的観点からの解説を交えた本編は、5回に分けて公開いたします。


国循ミニセミナー@大阪 Vol1

今回はその1です。字幕をONにしてお聞きいただくとわかりやすいと思います。テキストでご覧になりたい方は、下記にテキストがございますのでそちらからご確認下さい。

続きを読む

八田&桑田【国循サザン当事者が真実を語るセミナー】終了後対談

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年2月22日(金)東京、3月3日(土)大阪で「国循サザン事件当事者が真実を語るミニセミナー」を開催いたしました。

両セミナーを通して、2016年の初公判前からご支援くださっている八田隆さんが司会を勤めてくださいましたが、大阪セミナー終了後にダイジェスト版の対談を収録させていただきました。

f:id:southerncase:20180308060615p:plain

3月16日(金)の判決を前に、事件の全容とこれまでの公判を振り返りながら、検察は何を主張しているのか?この事件の真相は?について、セミナーを終えて感じた八田さんの質問に桑田さんが答える形で進めております。


八田隆×桑田成規対談(20180303国循官製談合事件・大阪セミナー後収録版)

当日のセミナー全体の動画は追って公開させていただきますが、まずはダイジェスト版をご覧ください。

続きを読む

《塀の中の白い花〜ほんとに何もやってません》(エフエムたちかわ)に出演しました

東京都立川市発のエフエムラジオ局『エフエムたちかわ』の《塀の中の白い花〜ほんとに何もやってません第14回》に出演いたしました。番組の許可を得て、番組内容の文字起こしを本ブログに公開いたします。

FMたちかわ 【塀の中の白い花 ~ ほんとに何もやってません】

続きを読む

当事者が語るミニセミナー@大阪 ありがとうございました

国循サザン事件-0.1%の真実-無罪を訴える桑田成規さんを支援する会Nです。

2018年3月16日(金)の判決を前に、2/22に東京で3/3には大阪でミニセミナーを開催させていただきました。

f:id:southerncase:20180305215137j:plain

大阪ミニセミナーは、2016年の初公判前からご支援くださっている八田隆さん司会、コメンテーターに桑田さんの弁護人である我妻路人先生をお迎えし、ディスカッション形式で進められました。

f:id:southerncase:20180305215550j:plain

ミニセミナー@大阪では、3つの公訴事実について1つずつ桑田さんの解説と八田さんからのご質問、我妻先生の補足という流れで進められました。

  • 検察の主張している公訴事実
  • あいまいな事件性
  • 動機の不存在
  • 暴かれた不正行為

検察の主張している公訴事実

f:id:southerncase:20180225122534p:plain

  • 2012年度の一般競争入札において,NECが競争参加資格審査のために提出していた運用支援業務従事者数等が記載された書面を,電子メールにてダンテック高橋氏に送信し,NECの体制を教えた。
  • 2013年度の一般競争入札において,ダンテックのみを仕様書案の作成に関与させるとともに,ダンテック以外の業者の参入が困難となるような条件を盛り込んだ仕様書を作成し,その事情を隠して入札に供した。
  • 2013年度の公募型企画競争入札において,受注する意思のない企業NDDを競争に参加させたうえ,ダンテックより高値で応札させるとともに,ダンテックが作成提出すべき企画提案書について助言指導を行った。

これについては、このブログでも、以下の動画解説でも詳しくご説明しております。

www.youtube.com

今回のミニセミナーでは、司会の八田さんからこの事件について「この事件は非常に特殊な性格を持っている」と、問題提起がありました。

f:id:southerncase:20180304061950j:plain

  • あいまいな事件性
  • 動機の不存在
  • 暴かれた不正行為

詳しい内容については、セミナー当日の動画の公開を準備中ですので、そちらでご覧いだければと思いますが、簡単にご報告を。

あいまいな事件性

  • 公訴事実の説明を聞いても、それが方に触れるのかどうか、入札に詳しくない一般の人間にはピンとこない。
  • すなわちそれは「裁判官にも同じ」である。
  • 明らかに法に触れたとわからないようなことを検察が主張するというのは、無理があり仕組まれたような事件という印象を受ける。
  • 官製談合といえば一般的には「金品の授受」が行われ「見返りがある」というこをイメージするが、そのような事実は全くなく非常に事件性があいまいである。

動機の不存在

  • 一般的には官製談合といえば、企業に金品の授受や見返りを求めたり、あるいは退職直前の役人が天下り先を求めるなどのことがあるが、今回桑田さんには全くそのようなことがない。
  • その中で検察は、桑田さんは国循を良くしようとしてやったんだろうが、それは法律では許されないことだという旨の主張をしている。しかし、これでは必罰感情を喚起しない。悪人を懲らしめるということで光り輝いている検察官としては、本来言いたくないことを言っている。

我妻先生からは、

  • 検察は桑田さんがダンテックと深い関わりがあり、そのダンテックに有利になるように働きかけていたと主張している。その証拠は桑田さんとダンテックの間でやりとりされたメールに頼っている。しかしメールだけで有罪を立証することは非常に難しい

と補足していただきました。

暴かれた不正行為

34回の公判の過程で、新たな事実が色々とわかった。そのことが国循内部の不正行為につながるのではないかという感想を持っている。

特に意見招請の手続き(WTO基準)をナショナルセンターである国循が行わなかったことについて、本来はそのことが大問題である。

また、ダンテックが新規参入するまで15年以上、NECの独占状態であった。もしかしたら、官製談合はNEC時代にあったのではないか?それを能力のある桑田さんが入ってきたことでパンドラの箱を開けてしまったのではないか?という、根の深い事件なのではないかと感じる。

以上は抜粋です。詳しくは後日公開される動画で、桑田さんの解説や我妻弁護士の補足なども含めご覧いただければと思います。

f:id:southerncase:20180305224644j:plain

東京・大阪会場に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

大阪ではメディアの方も関心を持っていただき、終了後も桑田さん、我妻弁護士は囲み取材を受けておりました。

記者の皆様、公正公平な記事をお願いしたいと思います。

f:id:southerncase:20180305225056j:plain

判決は2018年3月16日(金)9時40分〜11時、大阪地裁にて行われます。

判決まであと少し!これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。

続きを読む