ページTOPへ

国循サザン事件―0.1%の真実―

国循官製談合事件の容疑者として起訴された桑田成規さんを支援します

【告知(再掲)】国循サザン事件控訴審第2回公判

【告知(再掲)】国循サザン事件控訴審第2回公判
4月16日(火)10時30分-12時 大阪高裁 10階1001号法廷

 

控訴審では,公共調達法制の専門家である上智大学楠茂樹教授に意見書を書いていただき,公共調達関連法規の解釈を整理したうえで,改めて今回の事件にはどのように法律が適用されるべきか,そして,それに則れば私の事件がいかに異常であるかを当方は主張している。

検察官としては,数々の手続き不備を犯した国循の事務方を味方につけている手前,法規解釈の詳細に立ち入られたくないという気持ちになることはわかるが,検察自らの主張と異なる弁護側意見書について,どの部分がどのように違うのか,彼らたちの解釈の正当性を堂々と述べていただきたい,そのように私は思っていた。そうすれば,当方も的確に根拠をもってその反論ができるからである。

しかし,残念ながら検察は一切答えず。それでもって,裁判所も釈明権を行使しないとなると,当方はどのように反論すればいいのか。裁判所には,当方に反論を尽くさせてほしい,とただ願うだけであった。

この閉塞状況を打破すべく,当方は,楠教授に再度お願いして補充意見書を書いていただいた。目的は,検察の主張する意見と楠意見書の違いを明確にするため。それを本日裁判所に提出,証拠取り調べ請求をした。

ところが,それに対する検察の意見は「証拠には同意するが,信用性を争う」という。理由は,楠意見書は独自の見解にすぎず,従前の判例に乖離するものであると。

しかし,今の日本において,楠教授ほど公共調達の実務と法令に精通した専門家はいない。公的機関の調達委員を歴任し,数々の著書を持つ楠教授に向かって「独自の見解にすぎない」とはどの口がいうのか。それはまともに反論してからいうべきではないのか。総論において「原審の解釈のとおり」というだけで,各論ではまったく有効な反論ができない検察官が,その道の専門家に対して,「独自の解釈にすぎない」とは,けんかで「バーカバーカ」と言い捨てて去って行く子どもと同じレベルではないか。

また,「従前の判例実務と乖離する」との言い分にも,開いた口が塞がらない。検察官が例示した判決は,いわゆる「お付き合い入札」についての有罪判決例であるが,問題となった国循事件とは前提が大きく異なる。

これらの判例は,いずれも,事前に参加者が決められている「指名競争入札」である。「指名競争入札」では,全参加者と「握る(=示し合わす)」ことができれば,「お付き合い」により「競争を偽装する」という不正は成り立つ。競争が存在するという前提で指名業者が決まっているからである。指名業者間で談合してしまえば,その前提を崩すことになるから,公正な競争は阻害される。

しかし,問題となった国循の事件は,指名競争入札ではない。いくら特定の業者と「握って」お付き合い入札を偽装したとしても,他の業者の自由意志による参入を阻むことはできない。そのような状況で,1社を除いて「お付き合い(=落札意思がない)」で参加しているだけなら,そもそも競争が存在しないことと等価である。

私には「形式的に競争を装う」理由が全くないことはすでに何度も述べているところであるが,もしそうしたからといって,そもそも「競争が存在しない」のであるから,公正を害することもできない。

だから,検察官がいくら「指名競争入札」の判例を掲げて「ほら,ここでは被告人と同じことをした人が有罪になっているよ」と言ったところで,犯罪の構成要件たる「公正を害する」程度が違いすぎるので,比較の意味がないのである。

検察官がこんな稚拙な主張をするのは,根本的に入札制度の実務を理解していないか,他に反論する根拠がまったく見つからなかったからであろう。そしてそこに深入りしたくない裁判所という存在。鬼に金棒ではないか。

きちんと法によって裁いてくれ。説得力のある判決を書いてくれ。もうそれしか思わない。そんなことすら保証されないのが,今の刑事司法である。

最低価格落札方式の入札では,発注者は「必要最低限」のものしか求めてはいけないのか

「国循サザン事件」の第一審判決(以下,原判決)における,最も深刻な過ちは,タイトルに示した命題である。

原判決では,以下のように言っている。

 特定の業者にとって当該入札を有利にし、又は、特定の業者にとって当該入札を不利にする目的をもって、現にそのような効果を生じさせ得る仕様書の条項が作成されたのであれば、当該条項が調達の目的達成に不可欠であるという事情のない限り、入札等が公正に行われていることに対し、客観的に疑問を抱かせる行為ないしその公正に正当でない影響を与える行為であるというべきである。(原判決17ページ)

 これは,検察側の原審論告において,検察官が行った

 最低価格落札方式で実施する以上、設定される条件は必要最小限でなければならず、それを超える品質を求める場合は、参加要件自体は最低限のものとした上で、プレゼン方式で評価していけばよいのである。

 との主張を,そのまま認めたものである。

ところが,これは,価格に見合う価値(Value for Money)を確保すべき財務会計法令上の原則に反するものであるし,公共調達の実務ともまったく異なっている。該当する法令もなにもなく,過去においてこのような解釈が示されたことは一度もない。公共機関の調達は,税金を資源とする以上,無駄な出費を抑えなければならないのは確かであるが,「最低限」である必要はない。設定した条件が,調達目的と整合するか,合理的であるかが,当該条件の妥当性を判断する基準である。

世の中の公共調達の大半は最低価格落札方式による入札で実施される。検察官および裁判所は,これらがすべて「必要最低限」のものしか要求してはならない,というのである。

これが示すことは,公共機関は,紙,鉛筆,パソコン,トイレットペーパー,机,椅子に至るまで「必要最低限」でなければならないというのである。こうなると事務用品はすべて100円均一クオリティでなければならないだろう。机はもちろん袖机は不要で,椅子に至っては肘掛けはもちろん背もたれも不要かもしれない(だって背もたれのない椅子も世の中にはあるんですから!)。

さて,検察事務総長様や裁判長長官様の机と椅子は必要最低限だろうか? 部屋に高級なソファなどないのであろうか? ーーこのように考えれば,いかにこの判決が欺瞞に満ちたものかがわかるだろう。

もちろん,検察事務総長様や裁判長長官様の机と椅子は,ある程度,職位に応じた高級なものであってもかまわないだろう。それが適法と見なされるのは,そこに「合理性」があるからなのであって,「必要最低限」であるからではないはずである。

経済性の大原則を無視し,実務を無視した原判決は,当然に棄却されなければならない。

 

 

第2回公判にむけて

第2回公判は,4月16日(火)10時30分-12時,大阪高裁10階1001号法廷にて開かれます。

ここでは,第1回公判から今に至るまでの,当方および検察官ならびに裁判所とのやりとりについて概略を示します。

まず,当方が控訴審の主張において,最も重きを置く上智大学・楠茂樹教授の意見書(以下,楠意見書)について,検察官は「同意するが,記載内容の一部について信用性を争う」としました。

そこで,当方から「信用性を争う」とはどういう意味かと釈明を求めたところ,検察官は「第1回公判で述べたとおり」と回答しました。検察官は,第1回公判で「意見の相違がある」と言っていましたので,結局,「検察官の主張と異なるもので,検察官においてそのように解釈していない」という趣旨だろうと思います。

しかし,主張を異にするのであれば,楠意見書のどの部分について,どのように解釈し主張するのかを検察官に明らかにしてもらわなければ,当方としても反論のしようがありません。

そこで,今度は裁判所に対して,訴訟指揮権に基づき,楠意見書について「主張が異なる」と述べている趣旨を具体化し,反論の内容を明確にすることを検察官に対して釈明を求めるよう上申をしました。

ところが,上申をするや否や,裁判所は,即座に「そのようなことはしない」と回答しました。

控訴審での重要争点をスルーしようとする検察官もたいがいですが,裁判所までもが検察官の主張を明らかにすることなく審議を進めようとする態度を取るなど,なかなか信じられるものではありませんでした。

しかしこのようなこと,つまり,裁判所が,弁護側の「面倒な主張」には触れないで放置したまま判決を出すこと,はよくあることのようです。これでは,検察側の主張が明らかにならないまま,弁護側は必要な反論を尽くせない状態です。これではまったく公平な裁判とはいえません。

被告人として刑事事件の当事者となり数年も経つと,腐った刑事司法の運用を見ても大抵驚かなくなっているものですが,さすがに今回の件は憤懣やるかたないと感じます。

でも,精一杯,がんばってきます!

 

 

控訴審第1回公判期日後の記者会見内容(2019年1月24日)

【冒頭説明】

郷原

主任弁護人の郷原です。今日,桑田さんの控訴審の第1回の公判が開かれました。控訴審ということで,公判の場では,なにが起きているかよくわからないと思いますので,こういう形でご説明した方がよいと思った次第です。最初に桑田さんの方から一言お話をいただきたいと思います。

 

続きを読む

控訴審第1回公判期日が終わりました

本日は,弁護側・検察側の双方の主張および証拠類の確認が行われました。

検察側の最終意見提出が期日の一週間前と直前であったこと,そしてその内容に不明な点が多々あったことから,当方は,本日,口頭にて求釈明を行ったところ,検察側は本日回答できない,しかも,検察官が交代するので,回答するかどうかも含めて検討の時間が必要との意見を表明しましたので,裁判長は,検察官からの回答期日を3月15日,次回期日を4/16(火)10:30と定め,今回公判は閉廷となりました。

なお,次回第2回公判期日にて結審,第3回公判にて判決となる予定です。

公判終了後,15時ごろより,裁判所内の記者クラブにて約30分間の記者会見を行いました。記者会見の様子は,また後日,本ブログにアップいたします。

傍聴にお越しいただいた方々,また,ブログやFBで応援いただいた方々に感謝申し上げます。引き続き応援いただけましたら幸いです。

なにとぞよろしくお願いいたします。(桑田成規)

控訴審第1回公判期日が決まりました(1月24日(木)14時~大阪高裁)

日時:1月24日(木)14時-15時

場所:大阪高裁 2階201号法廷

国循官製談合事件の控訴審がいよいよ開始されます。当方弁護団郷原信郎(主任),高見秀一,新倉栄子,我妻路人各弁護士,高橋弁護団は秋田真志(主任),水谷恭史,高橋早苗各弁護士,の超重厚編成で第2ラウンドに挑みます!

控訴審では,主として「仕様書に記載を追記した結果,入札参加のハードルが高くなったことが入札の公正を害すべき行為なのか」について徹底的に争います。これは医療情報システムのみならず,情報システム全般にかかる入札の考え方に大きな影響を与える裁判となります。

私は,「一般競争入札において,発注者は,《最低限の仕様のみ》を記載しなくてはならない」という,常識外れの馬鹿げた主張を繰り返す検察を許すことは絶対にできません。第1審では,裁判所も,入札の実務や実態について素人同然であり,検察の主張を追認した第1審裁判体も,結局は,同じ穴の狢でした。私は,自分が体験した馬鹿げた悲劇を繰り返したくはない,と,心から願っています。

本公判では,控訴趣意書に沿って第1審判決の問題点を主張し,検察の答弁書に表れた彼らの主張の不備・不合理性について意見陳述します。

201号法廷は,大阪高裁では一番広い法廷と聞いております。おそらく席は十分にあると思いますので(笑)どうぞ傍聴にお越しください。
公判後,記者会見を行う予定です。

なにとぞよろしくお願いいたします。(桑田)